宅配ロッカー設置(日本とアメリカの取り組み)

宅配ロッカー設置 三股町の体育館一角により抜粋

三股町に設置された宅配ロッカー

 自宅以外で時間を気にせずに宅配便を受け取れるオープン型宅配便ロッカーの運用が、三股町で始まった。ドライバーが同町西部地区体育館の一角に設置されたロッカーに荷物を届け、利用者が出向いて受け取る仕組み。

 ロッカーは「PUDO(プドー)ステーション」の名称で、ヤマト運輸などが出資する「パックシティジャパン」(東京)が全国で運営。同町とヤマト運輸が結んだ包括連携協定の一環で設置された。

 ロッカーは大小30個の荷物を保管でき、ヤマト運輸と佐川急便の荷物を24時間受け取ることができる。

 利用者は、スマートフォンなどで宅配会社の会員制サービスに事前登録し、荷物の受取場所をロッカーに指定。宅配会社のドライバーが荷物をロッカーに届ける。その後、利用者がロッカーにある液晶画面で認証番号やサインを入力すると、扉が自動で開き、荷物を受け取ることができる。

 

原稿ダミー)こういったサービスは、アメリカでは、YYYYやZZZZというサービス名でXX年頃から始まっています。前者は、---という企業で、元々は、----に在籍した---と-----が始めたサービスです。後者の---は、実は、XX年ころにサービスを縮小して、アメリカの---のエリアで限定的に行われています。

原稿ダミー)しかし、ZZZZの----は、サービスをあきらめたわけではなく、さらなる上位のサービスにむけて構築やテストをしていると思われます。

原稿ダミー)日本は、こういったサービスで、アメリカからは後発となっていますが日本ならではサービスに構築できると確信しています。弊社の---(リンク)は、まだまだ、都内の渋谷区港区といった小さいエリア限定のサービスですが、顧客満足に関する調査(タイトル+リンク)では、私たちの想定以上の評価をいただきました。同時に、---や---といった改善すべき点も明確になったのも事実です。これらは、----として弊社サービスサイト内で---として公開して改善を進めていくつもりです。

Amazon wants to install delivery lockers in your apartment buildingより抜粋

Over the past few years, Amazon has been on a relentlessmarch to get into your house. And if the ecommerce giant has its way, even your apartment building’s lobby won’t be out of its reach.

This week, Amazon unveiled The Hub. Similar to the Amazon Lockers that have popped up in supermarkets and convenience stores around the country, the Hub is a delivery locker meant for apartment buildings and housing complexes.

According to Amazon, the Hub will accept all deliveries — not just those from Amazon. When a resident is ready to pick up their package, they will enter their PIN at the Hub’s touch screen, and the locker containing their delivery will swing open.

(ざっくり日本語訳)過去数年間にわたって、Amazonは届け先のハウスに入るために執拗な交渉を続けてきました。 そして、eコマースの巨人がその道を歩んでいるのであれば、あなたのアパートの建物のロビーでさえもAmazonの考える届け先として可能性はあります。

今週、AmazonはThe Hubを発表しました。 全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアでポップアップしたAmazon Lockersと同様に、Hubは集合住宅や集合住宅向けの配送用ロッカーです。

Amazonによると、HubはAmazonからの配送だけでなく、すべての配送を受け付けるという。 住人が荷物を受け取る準備が整うと、ハブのタッチスクリーンにPINを入力し、配達を含むロッカーが開きます。

原稿ダミー)こういったサービスは、アメリカでは、YYYYやZZZZというサービス名でXX年頃から始まっています。前者は、---という企業で、元々は、----に在籍した---と-----が始めたサービスです。後者の---は、実は、XX年ころにサービスを縮小して、アメリカの---のエリアで限定的に行われています。

原稿ダミー)しかし、ZZZZの----は、サービスをあきらめたわけではなく、さらなる上位のサービスにむけて構築やテストをしていると思われます。

原稿ダミー)日本は、こういったサービスで、アメリカからは後発となっていますが日本ならではサービスに構築できると確信しています。弊社の---(リンク)は、まだまだ、都内の渋谷区港区といった小さいエリア限定のサービスですが、顧客満足に関する調査(タイトル+リンク)では、私たちの想定以上の評価をいただきました。同時に、---や---といった改善すべき点も明確になったのも事実です。これらは、----として弊社サービスサイト内で---として公開して改善を進めていくつもりです。