コワーキングスペースなど「これからの働き方」についてブログ連載開始!:株式会社トドケール

モノの受け渡しをデジタルで便利にするトドケール(代表:野島剛)では、昨今のテレワーク環境の拡大から、ごく近い将来、変化するであろう「働き方スタイル」にいて、データ活用に強くイノベーティブなWeWork、コロナ関連の助成金情報、今後拡大するであろうコワーキングスペースなど、これらにフォーカスしたブログを開始。

社会環境の変化を危機と捉えるかチャンスと捉えるのか、強いものが生き残るのではなく柔軟に環境に適応したものが生き残る、といった視点で、WeWork差別化要因や隆盛と凋落、コワーキングスペースやシェアオフィスに入居している中小企業に需要の高い昨今の「助成金情報」といった内容のブログ連載をはじめました。

ブログでトドケール
https://blog.todoker.com/

知られざるWeWorkのイノベーティブな差別化要因!
・立地やビルの選定に街要素の位置データを活用している。
・オフィス必要構成要素を人の行動データから算出している。
・オフィス内レイアウトに関しても機械学習から設計されている。

関連ブログ「ブログでトドケール」
コワーキングスペースだけじゃないの? – Weworkのビジネスポートフォリオ

昨今需要の大きいコロナ関連助成金として
・小学校休業等対応助成金
・雇用調整助成金
・テレワーク助成金

テレワークが進む → 今後コワークで必要とされる要素3つ!

1)通勤時間やオフィス内での移動時間がなくなった。
2)自分のハンドリングで集中時間を設定できる。
3)会議が時間限定されるケースが多いので着地がスムーズ。

つまり、全てが時間に関わる要素なのです。移動時間が節約されて、業務に集中するスタイルを構築、オンラインコミュニケーション技術を磨く、この3つがこれからの時代に集中的に必要とされる要素。

私どものトドケールのサービスはどうなのか?これからの時代にマッチしているのか?
関連note「トドケール中の人K」
モノの受け渡しに消費される時間工数が8分が1分に!

在宅テレワークが収束したとしても、ムダ時間削減できるメリットが多きいと多くの人が気づき経営判断されコワークが活用されることはほぼ間違いありません。

トドケールでは、モノの受け渡しに関するムダ時間を節約して、各自集中する時間の拡大業務効率化を磨く、まさに、トドケールの考えるに未来です!

 

(トライアルモニタキャンペーン告知情報)

(トドケールお問い合わせ情報)