仮の原稿1

菊池のソロ弾で先制も逆転負け

 (以下はダミー原稿)第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で決勝ラウンドまで勝ち進んだ野球日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日午前5時)、アリゾナ州メサでカブスと練習試合で対戦。日本は菊池のソロ弾で先制するも、4-6で敗れた。

 WBCで世界一を目指す侍が、昨季ワールドシリーズ覇者カブスに投打にわたり苦しめられた。侍打線は、初回に菊池が左翼にソロ弾を運び、1点を先制する。だが、その後はカブス先発ラッキーの老獪な投球にバットが沈黙。2回先頭の鈴木が三塁内野安打で出塁した後は、3回に菊池の四球をはさんで11者連続凡退とされた。

 6回は2番手デービスに3者凡退、7回は3番手ストロップから筒香が中前打で出塁するも得点できず。反撃の機会をつかめないまま終了するかと思われたが、5点を追う8回に意地を見せた。4番手ビーラーを相手に先頭・平田から3連打で無死満塁とすると、菊池の二ゴロ、秋山の一ゴロの間に3点を追加。2点差まで追い上げた。

 投げては先発・藤浪が最速98マイル(約158キロ)を連発したが、1点リードの1回裏にカブス1番・川崎に二塁内野安打で出塁を許し、次打者の初球で二盗。1死三塁から3番・ヘイワードの一塁ゴロの間に同点とされた。

 3回にも川崎の足にかき回された。マウンド上の藤浪は先頭・川崎に四球を与え、ここでも二盗を許す。無死二塁から次打者ゾブリストに中越え三塁打とされ、川崎が勝ち越しホーム。さらにヘイワードにも右前に適時打を運ばれ、この回2点のリードを許す。

 日本の救援陣は、5回から2番手として登場した増井が2失点。6回に登板した松井が初球を代打ボーテに右翼ソロ弾とされ、ジワリと点差を広げられる。7回以降は宮西、則本が無失点リレーしたが一歩及ばず、4-6で黒星。昨季108年ぶり世界一に輝いたカブスに敗れた。

 WBCで世界一を目指す侍が、昨季ワールドシリーズ覇者カブスに投打にわたり苦しめられた。侍打線は、初回に菊池が左翼にソロ弾を運び、1点を先制する。だが、その後はカブス先発ラッキーの老獪な投球にバットが沈黙。2回先頭の鈴木が三塁内野安打で出塁した後は、3回に菊池の四球をはさんで11者連続凡退とされた。

 6回は2番手デービスに3者凡退、7回は3番手ストロップから筒香が中前打で出塁するも得点できず。反撃の機会をつかめないまま終了するかと思われたが、5点を追う8回に意地を見せた。4番手ビーラーを相手に先頭・平田から3連打で無死満塁とすると、菊池の二ゴロ、秋山の一ゴロの間に3点を追加。2点差まで追い上げた。

 投げては先発・藤浪が最速98マイル(約158キロ)を連発したが、1点リードの1回裏にカブス1番・川崎に二塁内野安打で出塁を許し、次打者の初球で二盗。1死三塁から3番・ヘイワードの一塁ゴロの間に同点とされた。

 3回にも川崎の足にかき回された。マウンド上の藤浪は先頭・川崎に四球を与え、ここでも二盗を許す。無死二塁から次打者ゾブリストに中越え三塁打とされ、川崎が勝ち越しホーム。さらにヘイワードにも右前に適時打を運ばれ、この回2点のリードを許す。

 日本の救援陣は、5回から2番手として登場した増井が2失点。6回に登板した松井が初球を代打ボーテに右翼ソロ弾とされ、ジワリと点差を広げられる。7回以降は宮西、則本が無失点リレーしたが一歩及ばず、4-6で黒星。昨季108年ぶり世界一に輝いたカブスに敗れた。

 

有料会員むけ

有料の会員むけダミー原稿))28歳のバースデーゲームを勝利で飾った。ドルトムントの日本代表MF香川真司は17日のインゴルシュタット戦(1-0)で公式戦3試合連続のフル出場。前半14分には鋭いターンからのスルーパスで決勝点を演出し、公式戦2連勝に貢献した。

 中2日、中2日での公式戦3連戦。そのすべてにフル出場した香川は「きつすぎて、やばかったですね」と、苦笑いを浮かべながら率直な感想を吐露した。「勝ってホッとしたというのが一番大きかった」。リーグ戦は2試合ぶりの白星。15日の練習で膝を痛め、出場が危ぶまれていたが、「打撲だけしたけど、問題はないので大丈夫です」と、90分間を走り抜いた。

 前半14分、ハーフウェーライン付近で縦パスを受けると、素早い反転から絶妙なスルーパス。左サイドのスペースに飛び出したMFマルセル・シュメルツァーがダイレクトで折り返し、FWピエール・エメリク・オーバメヤンが左足で先制点を流し込んだ。

 公式戦3試合連続でゴールを演出し、これが決勝点に。28歳の誕生日当日に迎えた一戦を1-0の完封勝利で締めくくった。「年を取ることに対してネガティブになるのがサッカー界」という香川だが、まだまだ成長していくことができると確信している。

 海の向こうで奮闘を続ける偉大な先輩たちの姿も刺激になっている。「Jリーグでは俊さん(中村俊輔)、カズさん(三浦知良)含めて、上の人があれだけ頑張っている。カズさんのおかげで、あらためて客観的に28歳ははるかに若く見えるし、それは感謝したいですね」。史上初の50歳Jリーガーとなり、12日のJ2群馬戦では50歳14日の史上最年長ゴール記録も更新したカズは22歳も年上だ。

「まだまだ年寄りじゃないんでね。良い歳だと思っているし、この1年を良い年にするためにも、もっと成熟して、成長していきたいと思います」。日本代表の背番号10は、あらためて28歳の抱負を述べた。