この記事へのリンクhttps://itup.me/test1410/

test1410

7日付のスポニチが、次期監督の最有力候補に前楽天二軍コーチで中日OBの与田剛氏(52)が浮上していると報じた。森繁和監督(63)は今季限りで退任し、編成部門のトップに就任するとみられる。

 監督人事の決定権を持つ白井文吾オーナー(90)は次期監督の名前を口にはしていないが、以前には「みんないろいろ言ってくる」と周囲からさまざまな意見が出ているとし、それ以前には親会社内に「候補者まで持ってくる人がいる」とも言っていた。

 そんな中で与田氏が急浮上した。「ボロボロになった救援陣の立て直しはもちろん、生え抜きOBであることも大きい」と、さる中日OBが続ける。

「森監督が就任した当初からの既定路線は、小笠原二軍監督の昇格です。一方で、中日は谷繁、森と外様監督が2代続いている。親会社内では以前から生え抜きOBの監督待望論があった。ローカル球団である中日には、生え抜きに対する支持層が多く、『おらがチーム』の意識が強い。今季は松坂大輔の加入によって一時的に観客動員が回復したものの、来季以降は不透明な部分もある。新聞の販売効果も得たい。その結果、与田氏を推す声が出たというのです」